STRUGGLINGLY
Yutaka Yamauchi

Yutaka is Associate Professor at Kyoto University, Graduate School of Management with joint appointments at Design School and Graduate School of Economics. Prior to joining GSM in September 2010, he was a researcher at Palo Alto Research Center (PARC), a Xerox Company. He obtained Masters and Bachelors degrees in Computer Science from Kyoto University and Ph.D. in Management from UCLA Anderson School. He is also Fellow at Institute on Asian Consumer Insight, Nanyang Technological University, visiting professor at Department of Management, Politics and Philosophy, Copenhagen Business School and a board member of Society for Serviceology.

京都大学経営管理大学院准教授。経済学部・経済学研究科、およびデザインスクールにて兼務。1998年京都大学工学部情報工学卒業、2000年京都大学情報学修士、2006年UCLA Anderson Schoolにて経営学博士(Ph.D. in Management)。Palo Alto Research Center, Inc., a Xerox Companyにて研究員を経て、京都大学経営管理大学院講師を経て、2015年4月より現職。シンガポール南洋理工大学 Institute on Asian Consumer Insightフェロー、コペンハーゲンビジネススクール Department of Management, Politics and Philosophy客員教授、サービス学会理事。


Full C.V.

  • RESEARCH

  • TEACHING

  • Yutaka’s current research focuses on culture of services—how services represent a culture to construct and negotiate value. Methodologically, he analyzes customer interactions in service encounter, drawing on ethnomethodology. Based on this research, he develops theory and methodology for designing culture. Please watch his TEDx talk for the general idea.
  • Yutaka currently teaches ethnography to MBA students as a method to understand, improve and design services. He is also active in Kyoto University Design School, where he teaches organization and community design and service design as well as design ethnography. He is also running MOOC on edX.org.
  • 現在は、「サービスの文化」に注力して研究している。特に、エスノメソドロジーの観点から、主にサービス提供者と客の間のインタラクションを分析している。鮨屋の他、ファストフード、イタリアン、アパレルなどのサービスを分析している。鮨屋などの経験的な研究に基づきサービス概念を再検討するために、単著『「闘争」としてのサービスー顧客インタラクションの研究』を上梓した。その後、『組織・コミュニティデザイン』(山内・平本・杉万)によって、 文化のデザインについて考察を進める。
  • 経営管理大学院(MBA)では組織論・組織行動の基礎、サービスデザイン、デザインエスノグラフィなどを教えている。デザインスクールの共通科目では、組織や社会のデザイン(「組織・コミュニティデザイン論」)やエスノグラフィ(「フィールド分析法」)を担当している。また、経済学部ではサービス経営の基礎として「サービス経営学」、大学院では広義の文化を理解するための「組織文化論」を提供している。また、edX.orgでMOOCも提供している。