Unknowingly
Yutaka Yamauchi

組織文化論 2018 (大学院経済学研究科)

2018/1/31 改版

2018年後期


木曜3限日13:00-14:30
教室未定

** このシラバスは多少変更される可能性があります。**

授業の目的

文化という概念を理解するために、様々な文献を読み込む。文化についてあまり馴染みのない受講生が、この授業を通して様々な視座や概念類を獲得し、自らの研究の構成を定めることができるようにしたい。そのため、経営学における文化概念だけではなく、そもそも背景となる社会学、文化人類学、哲学などの多様な言説を押えながら議論していく。
授業の進め方
リーディングアサインメントを分担して読みレジュメをまとめる。各論文について、下記の一つ一つについてまとめる。著者の議論と自分の解釈を分離して、自分の言葉でまとめながら、都度引用を行うこと(ページ番号を含む)
  • 趣旨(重要な主張)や主要な概念類の説明
    研究の背景と位置付け (何に応答しているのか)
    論文の流れと構造
    研究の方法論とデータ
    自分なりの批判 (研究の問題点)
全員分印刷して授業に持ってくること。

受講要件

特になし。

到達目標

多義的な文化の概念を総合的に理解し、文化について広い視野から議論できるようにする。
文化に関する研究の流れを理解し、自らの研究をどこに位置付け、どういう問いを立てるのかを考えることができるようにする。

授業の形態と評価基準

授業への参加・貢献度合い 50%
授業への貢献度(発言)を重視する。
各授業でのレジュメと発表の質 50%
詳細は別途指示する。

授業用ウェブサイト

資料のダウンロード・アップロードはPandAを通して行う。
https://panda.ecs.kyoto-u.ac.jp/portal

授業資料

PandA上で配布する(印刷して配ることはない)

リーディングアサインメントについて

PDF形式で配布する。必ず事前に読んで分析しておくこと。

オフィスアワー

以下のカレンダーに掲載する「Open」の時間帯をオフィスアワーとする。Openの時間を確認し、事前にメールでアポイントメントを取る。
https://yamauchi.net/officehour

計画

1 導入
2 組織文化の概観
3 文化概念の系譜
4 文化闘争の理論
5 趣味・テイスト
6 実践論
7 文化生産および場
8 モダニズムとポストモダニズム
9 モダン社会、ポストモダン社会
10 ポスト・コロニアル理論と文化の表象
11 センスメイキング、ナラティブ、組織化
12 ポリフォニーと間テクスト性
13週
マテリアリティ、ポストヒューマニズム、パフォーマティヴィティ
14 研究の討議

授業計画

1週 導入

授業の目的、進め方などを説明する。

2週 組織文化の概観

組織文化のレビュー論文を読み、全体像を理解する。
リーディングアサインメント:
  • Hatch, M. J., & Cunliffe, A. L. (2006). Organization Theory. Oxford: Oxford University Press. Chapter 6 “Organizational Culture”.
  • Smircich, L. (1983). Concepts of Culture and Organizational Analysis. Administrative Science Quarterly, 28(3), 339–358.
  • Giorgi, S., Lockwood, C., & Glynn, M. A. (2015). The Many Faces of Culture: Making Sense of 30 Years of Research on Culture in Organization Studies. The Academy of Management Annals, 9(1), 1–54.
参考文献:
  • Barley, S. R., Meyer, G. W., & Gash, D. C. (1988). Cultures of Culture: Academics, Practitioners and the Pragmatics of Normative Control. Administrative Science Quarterly, 33(1), 24–60.
  • Van Maanen, J., & Barley, S. R. (1984). Occupational communities: Culture and control in organizations. Research in Organizational Behavior, 6, 287–365.
  • Weber, K., & Dacin, M. T. (2011). The Cultural Construction of Organizational Life: Introduction to the Special Issue. Organization Science, 22(2), 287–298.

3週 文化概念の系譜

文化という概念の系譜をレビューする。
リーディングアサインメント:
  • Williams, R. (2011). 完訳キーワード辞典. (. 椎名, . 武田, . 越智, & . 松井). 東京: 平凡社. “Culture”
  • Elias, N. (1977). 文明化の過程. (赤井慧爾, 中村元保, 吉田正勝). 法政大学出版局. 1.
参考文献:
  • Eagleton, T. (2006). 文化とは何か. (. 大橋). 松柏社. 1.
  • Williams, R. (2008). 文化と社会. (. 若松 & . 長谷川). ミネルヴァ書房.

4週 文化闘争の理論

文化を闘争として捉えるBourdieuの理論を理解する。
リーディングアサインメント:
  • Bourdieu, P. (1990). ディスタンクシオン. (石井洋二郎). 藤原書店. 1 「文化貴族の肩書と血統」、第2章「社会空間とその変貌」
参考文献:
  • Elias, N. (1977). 文明化の過程. (赤井慧爾, 中村元保, 吉田正勝). 法政大学出版局.
  • 石井洋二郎. (1993). 差異と欲望. 藤原書店.
  • Simmel, G. (1957). Fashion. American Journal of Sociology, 62(6), 541–558.
  • Veblen, T. (1998). 有閑階級の理論. (高哲男). 筑摩書房.

5週 趣味・テイスト

趣味・テイストに関する研究をレビューする。
リーディングアサインメント:
  • Holt, D. B. (1998). Does Cultural Capital Structure American Consumption? Journal of Consumer Research, 25(1), 1–25.
  • Hennion, A. (2007). Pragmatics of Taste. In The Blackwell Companion to the Sociology of Culture (pp. 131–144). Oxford, UK: Blackwell Publishing Ltd.
  • Arsel, Z., & Bean, J. (2013). Taste Regimes and Market-Mediated Practice. Journal of Consumer Research, 39(5), 899–917.
参考文献:
  • Peterson, R. A., & Kern, R. M. (1996). Changing highbrow taste: From snob to omnivore. American Sociological Review, 61(5), 900–907.
  • Atkinson, W. (2011). The context and genesis of musical tastes: Omnivorousness debunked, Bourdieu buttressed. Poetics, 39(3), 169–186.
  • Prior, N. (2011). Critique and Renewal in the Sociology of Music: Bourdieu and Beyond. Cultural Sociology, 5(1), 121–138.
  • Peterson, R. A. (2005). Problems in comparative research: The example of omnivorousness. Poetics, 33(5-6), 257–282.
  • Teil, G., & Hennion, A. (2004). Discovering quality or performing taste? A sociology of the amateur. Qualities of Food.
  • Hennion, A. (2007). Those Things That Hold Us Together: Taste and Sociology. Cultural Sociology, 1(1), 97–114.
  • Warde, A. (2014). After taste: Culture, consumption and theories of practice. Journal of Consumer Culture, 14(3), 279–303.
  • Maciel, A. F., & Wallendorf, M. (2016). Taste Engineering: An Extended Consumer Model of Cultural Competence Constitution. Journal of Consumer Research, 54–21.

6週 実践論

実践(practice)の概念について議論する。文化を実践として捉えようとする理論が研究されているが、実践論とは何かを多面的に理解する。
リーディングアサインメント:
  • Nicolini, D. (2012). Practice theory, work, and organization. Oxford: Oxford University Press. Chapter 1 Introduction
  • Schatzki, T. R. (2001). Practice mind-ed orders. In T. R. Schatzki, K. Knorr-Cetina, & E. von Savigny, The practice turn in contemporary theory (pp. 42–55). New York: Routledge.
  • Reckwitz, A. (2002). Toward a Theory of Social Practices A Development in Culturalist Theorizing. European Journal of Social Theory, 5(2), 243–263.
参考文献:
  • Schatzki, T. R. (1996). Social Practices. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Schatzki, T. R., Knorr-Cetina, K., & Savigny, von, E. (2001). The practice turn in contemporary theory. New York: Routledge.
  • Schatzki, T. R., Knorr-Cetina, K., & Savigny, von, E. (2001). The practice turn in contemporary theory. New York: Routledge. 3
  • Bourdieu, P. (1977). Outline of a Theory of Practice. (R. Nice). New York: Cambridge University Press.
  • de Certeau, M. (1987). 日常的実践のポイエティーク. (山田). 国文社. 4
  • Latour, B. (2008). 虚構の「近代」. 新評論.
  • Latour, B. (2007). Reassembling the Social: An Introduction to Actor-Network-Theory. Oxford University Press, USA.
  • Callon, M. (1986). Some elements of a sociology of translation: Domestication of the scallops and the fishermen of St Brieuc Bay. In J. Law, Power, Action and Belief (pp. 196–233). Cambridge, MA: The MIT Press.

7週 文化生産および場

文化生産を労働の観点から捉える理論を理解する。
リーディングアサインメント:
  • Peterson, R. A., & Anand, N. (2004). The Production of Culture Perspective. Annual Review of Sociology, 30(1), 311–334.
  • Bourdieu, P. (1995). 芸術の規則 I. (. 石井). 藤原書店. プロローグ & 1 「自律性の獲得」
参考文献:
  • Becker, H. S. (2016). アート・ワールド. (後藤). 慶應義塾大学出版会. 4 「アート作品を分配する」、第8 、第12章「二五周年記念版へのエピローグ」
  • Lahire, B. (2016). 複数的世界. (村井). 青弓社. 3 「場の限界」
  • Luhmann, N. (2012). 社会の芸術. (馬場訳). 法政大学出版局. 4
  • Crane, D. (1997). Globalization, organizational size, and innovation in the French luxury fashion industry: Production of culture theory revisited. Poetics, 24(6), 393–414.
  • Peterson, R. A. (1976). The Production of Culture: A Prolegomenon. American Behavioral Scientist, 19(6), 669–684.
  • DiMaggio, P. (2000). The production of scientific change: Richard Peterson and the institutional turn in cultural sociology. Poetics, 28(2-3), 107–136.
  • Sorensen, B. M. (2014). Changing the Memory of Suffering: An Organizational Aesthetics of the Dark Side. Organization Studies, 35(2), 279–302.

8週 モダニズムとポストモダニズム

芸術的運動としてのモダニズム、ポストモダニズムについて議論する。
リーディングアサインメント:
  • Habermas, J. (2000). 近代未完のプロジェクト. (三島). 岩波書店. 「I 近代未完のプロジェクト」
  • Jameson, F. (2006). カルチュラル・ターン. (合庭惇, 河野真太郎, 秦邦生). 作品社. 1章、第2
参考文献:
  • Reckwitz, A. (2017). The Invention of Creativity. London: Polity.
  • Benjamin, W. (1999). 複製技術時代の芸術. (佐々木基一). 晶文社.
  • Bourdieu, P. (1995). 芸術の規則 I. (石井). 藤原書店.
  • Kant, I. (1964). 判断力批判. (. 篠田). 岩波書店.
  • Eagleton, T. (1998). ポストモダニズムの幻想. (. 森田). 大月書店.
  • Featherstone, M. (1999). 消費文化とポストモダニズム. (小川葉子, 川崎賢一, 池田緑). 恒星社厚生閤.
  • Cooper, R., & Burrell, G. (1988). Modernism, Postmodernism and Organizational Analysis: An Introduction. Organization Studies, 9(1), 91–112.
  • Smircich, L., & Calás, M. B. (1987). Organizational culture: A critical assessment. In F. M. Jablin, L. L. Putnam, K. H. Roberts, & L. W. Porter, Handbook of organizational communication (pp. 228–263). Newbury Park, CA: Sage.
  • Calás, M. B., & Smircich, L. (1999). Past Postmodernism? Reflections and Tentative Directions. The Academy of Management Review, 24(4), 649–671.
参考文献:
  • Kilduff, M., & Mehra, A. (1997). Postmodernism and Organizational Research. The Academy of Management Review, 22(2), 453–481.
  • Astley, W. G., & Zammuto, R. F. (1992). Organization science, managers, and language games. Organization Science, 3(4), 443–460.
  • Donaldson, L. (1992). The Weick stuff: Managing beyond games. Organization Science, 3(4), 461–466.
  • Weiss, R. M. (2000). Taking Science out of Organization Science: How Would Postmodernism Reconstruct the Analysis of Organizations? Organization Science, 11(6), 709–731.
  • Deetz, S. (2000). Putting the Community into Organizational Science: Exploring the Construction of Knowledge Claims. Organization Science, 11(6), 732–738.
  • Schultz, M. (2005). Postmodern Pictures of Culture. International Studies of Management and Organization, 22(2), 15–35.

9週 モダン社会、ポストモダン社会

モダニズムとポストモダニズムの社会的背景について理解する。
リーディングアサインメント:
  • Anderson, P. (2002). ポストモダニティの起源. (. 角田, . 浅見, & . 田中). こぶし書房. 2章、第3章、第4
  • Boltanski, L., & Chiapello, E. (2013). 資本主義の新たな精神 . ナカニシヤ出版. 7章「芸術家的批判の試練」
参考文献:
  • Lyotard, J.-F. (1986). ポスト・モダンの条件. (小林). 水声社.
  • Baudrillard, J. (1995). 消費社会の神話と構造. (今西仁司塚原). 紀伊国屋書店.
  • Baudrillard, J. (2008). シミュラークルとシミュレーション. (竹原). 法政大学出版局.
  • Foucault, M. (1974). 言葉と物. (渡辺一民佐々木明). 新潮社.
  • Debord, G. (2003). スペクタクルの社会. (. 木下). ちくま学芸文庫. I「完成した分離」 II「スペクタクルとしての商品」
  • Latour, B. (2008). 虚構の「近代」. 新評論.
  • Bauman, Z. (2001). リキッド・モダニティ. (森田典正). 大月書店.

10週 ポスト・コロニアル理論と文化の表象

植民地にまつわる文化理論の中でレビューする。
リーディングアサインメント:
  • Frenkel, M., & Shenhav, Y. (2006). From Binarism Back to Hybridity: A Postcolonial Reading of Management and Organization Studies. Organization Studies, 27(6), 855–876.
  • Clifford, J., & Marcus, G. E. (2009). 文化を書く. (. 春日, 輿. 足羽, . 橋本, . 多和田, . 西川, & . ). 紀伊国屋書店. 「第1章 序論ー部分的真実ー」
  • Clifford, J. (2003). 文化の窮状. (. 太田, . 慶田, . 清水, . 浜本, & . 古谷). 人文書院. 9
参考文献:
  • Said, E. W. (1993). オリエンタリズム. (今沢). 平凡社.
  • Spivak, G. C. (1998). サバルタンは語ることができるか. (. 上村). みすず書房.
  • Bhabha, H. K. (2005). 文化の場所. (本橋, 正木, 外岡, & 阪元). 法政大学出版局.
  • Özkazanç-Pan, B. (2008). International Management Research Meets “The Rest of the World.” The Academy of Management Review, 33(4), 964–974.
    • 本橋 哲也. (2005). ポストコロニアリズム.
  • Hall, S. (1996). When was “the post-colonial?” Thinking at the limit. In The Postcolonial Question (pp. 242–260). London.
  • Yousfi, H. (2014). Rethinking Hybridity in Postcolonial Contexts: What Changes and What Persists? The Tunisian case of Poulina's managers. Organization Studies, 35(3), 393–421.
  • 吉田憲司. (2014). 文化の「発見」. 岩波書店.
  • Derrida, J. (2013). エクリチュールと差異. (. 合田谷口 博史). 法政大学出版局. 「人間科学の言説における構造、記号、遊び」
  • Claude Lévi-Strauss. (1974). マルセル・モースの業績解題(『社会学と人類学』への序文). In マルセル・モースの世界 (pp. 204–254). みすず書房.

11週 センスメイキング、ナラティブ、組織化

センスメイキングおよびその中心となるナラティブの考え方を議論する。
リーディングアサインメント:
  • Weick, K. E., Sutcliffe, K. M., & Obstfeld, D. (2005). Organizing and the process of sensemaking. Organization Science, 16(4), 409–421.
  • Weick, K. E. (2012). Organized sensemaking: A commentary on processes of interpretive work. Human Relations, 65(1), 141–153.
  • Brown, A. D., Colville, I., & Pye, A. (2015). Making Sense of Sensemaking in Organization Studies. Organization Studies, 36(2), 265–277.
参考文献:
  • Brown, A. D., Stacey, P., & Nandhakumar, J. (2008). Making sense of sensemaking narratives. Human Relations, 61(8), 1035–1062.
  • Holt, R., & Cornelissen, J. (2013). Sensemaking revisited. Management Learning, 45(5), 525–539.
  • Maclean, M., Harvey, C., & Chia, R. (2012). Sensemaking, storytelling and the legitimization of elite business careers. Human Relations, 65(1), 17–40.
  • Weick, K. E. (1995). Sensemaking in organizations. Thousand Oaks: Sage Publications, Inc.
  • Cunliffe, A., & Coupland, C. (2012). From hero to villain to hero: Making experience sensible through embodied narrative sensemaking. Human Relations, 65(1), 63–88.
  • Czarniawska, B. (1997). Narrating the Organization. Chicago: University of Chicago Press.
  • Czarniawska, B. (2008). A theory of organizing. Cheltenham, UK: Edward Elgar Publishing.

12週 ポリフォニーと間テクスト性

テクスト概念とその中心概念である間テクスト性について議論する。
リーディングアサインメント:
  • Sullivan, P., & McCarthy, J. (2008). Managing the Polyphonic Sounds of Organizational Truths. Organization Studies, 29(4), 525–541.
  • Kornberger, M., Clegg, S. R., and Carter, C. (2006). ‘Rethinking the polyphonic organization: Managing as discursive practice’. Scandinavian Journal of Management, 22, 3–30.
  • Letiche, H. (2010). ‘Polyphony and its Other’. Organization Studies, 31, 261–277.
参考文献:
  • Allen, G. (2002). 間テクスト性: 文学・文化研究の新展開. (. 森田). 研究社.
  • Barthes, R. (1977). Image Music Text. (S. Heath). London: FontanaPress.
  • Kristeva, J. (1991). 詩的言語の革命. (原田邦夫). 勁草書房.
  • Boje, D. M. (1995). ‘Stories of the Storytelling Organization: A Postmodern Analysis of Disney As “Tamara-Land”’. Academy of Management Journal, 38, 997–1035.
  • Boje, D. M. (2001). Narrative Methods for Organizational & Communication Research. Thousand Oaks: SAGE.
  • Hazen, M. A. (1993). Towards polyphonic organization. Journal of Organizational Change Management, 6(5), 15–26.
  • Shotter, J. (2005). ‘Understanding Process From Within: An Argument for “Withness-”Thinking’. Organization Studies, 27, 585–604.
  • Keenoy, T., & Oswick, C. (2004). Organizing Textscapes. Organization Studies, 25(1), 135–142.
  • Rhodes, C. (2001). ‘D'oh the simpsons, popular culture, and the organizational carnival’. Journal of Management Inquiry, 10, 374–383.
  • Islam, G., Zyphur, M. J., and Boje, D. (2008). ‘Carnival and Spectacle in Krewe de Vieux and the Mystic Krewe of Spermes: The Mingling of Organization and Celebration’. Organization Studies, 29, 1565–1589.
  • Fairclough, N. (2012). ディスコースを分析する. くろしお出版.
  • Irwin, W. (2004). Against Intertextuality. Philosophy and Literature, 28(2), 227–242.
  • Martin, J. (1990). Deconstructing organizational taboos: The suppression of gender conflict in organizations. Organization Science, 1(4), 339–359.
  • Martin, J., Feldman, M. S., Hatch, M. J., & Sitkin, S. B. (1983). The Uniqueness Paradox in Organizational Stories. Administrative Science Quarterly, 28(3), 438.

13週 マテリアリティ、ポストヒューマニズム、パフォーマティヴィティ

アクターネットワーク理論と呼ばれることの多い視座をレビューする。関連して、行為遂行性(performativity)の考え方を理解する。
リーディングアサインメント:
  • Latour, B. (1990). Technology is Society Made Durable. The Sociological Review, 38(1_suppl), 103–131.
  • Callon, M. (1998). An essay on framing and overflowing: economic externalities revisited by sociology. In Laws of the markets (pp. 244–269). Oxford: Wiley-Blackwell.
  • Law, J. (2009). Actor network theory and material semiotics. In B. S. Turner, The New Blackwell Companion to Social Theory (pp. 141–158). Malden, MA: Blackwell Publishing.
参考文献:
  • Bijker, W. E., Hughes, T. P., & Pinch, T. (1989). The Social Construction of Technological Systems: New Directions in the Sociology and History of Technology. The MIT Press.
  • Latour, B. (1986). The powers of association. The Sociological Review, 32, 264–280.
  • Latour, B. (2008). 虚構の「近代」. 新評論.
  • Latour, B. (2007). Reassembling the Social: An Introduction to Actor-Network-Theory. Oxford University Press, USA.
  • Law, J. (2000). On the Subject of the Object: Narrative, Technology, and Interpellation. Configurations, 8(1), 1–29.
  • Law, J., & Hassard, J. (1999). Actor Network Theory and After. Wiley-Blackwell.
  • Callon, M. (1986). Some elements of a sociology of translation: Domestication of the scallops and the fishermen of St Brieuc Bay. In J. Law, Power, Action and Belief (pp. 196–233). Cambridge, MA: The MIT Press.
  • Callon, M. (2007). What Does It Mean to Say That Economics Is Performative? In Do Economists Make Markets? (pp. 1–60). Princeton University Press.
  • Callon, M. (2005). Economic markets as calculative collective devices. Organization Studies, 26(8), 1229–1250.
  • Callon, M. (2005). Why virtualism paves the way to political impotence: A reply to Daniel Miller's critique of ‘The laws of the market’. Economic Sociology: European Electronic Newsletter.
  • Miller, D. (2002). Turning Callon the right way up. Economy and Society, 31(2), 218–233.
  • Miller, D. (2005). Reply to Michel Callon. Economic Sociology: European Electronic Newsletter.
  • MacKenzie, D., & Millo, Y. (2003). Constructing a Market, Performing Theory: The Historical Sociology of a Financial Derivatives Exchange. American Journal of Sociology, 109(1), 107–145.

14週 研究の討議

この授業で学んだことを踏まえて、各自の研究テーマについて議論する。方法については後程指定する。

学部ゼミ (経済学部2、3、4回生)

2018年度から開講します。経済学部ゼミ。 Read More…

Inter-Cultural Communication (GSM)

2017 Spring, Graduate School of Management (Course funded by the Integrated Hospitality Project) Read More…

サービス経営学 (経済学部)

2017年前期 経済学部 (学部専門I) 反転授業 Read More…

組織行動 (GSM)

組織行動 2016年度前期 経営管理大学院 専門職学位課程基礎科目 Read More…

組織・コミュニティデザイン論 (GSM & デザイン)

組織・コミュニティデザイン論 (前期) / デザインスクール共通科目・経営管理大学院 Read More…

MOOC Culture of Services: New Perspective on Customer Relations

Kyoto University MOOC (edX)
https://www.edx.org/course/culture-services-new-perspective-kyotoux-002x
Read More…

サービス創出方法論 (GSM & デザイン)

サービス創出方法論 (後期) / 経営管理大学院・デザインスクール領域科目 Read More…

ワークショップ (GSM)

ゼミ (経営管理大学院ではゼミ形式の科目をワークショップと呼んでいます) Read More…